未分類

北海道カレーラーメンについて

カレーラーメン

【特徴】

ラーメンをカレー仕立てのスープで調理した料理。新潟県三条市発、北海道発、千葉発の3説あるが、各々自然発生したと考えられている。北海道のカレーラーメン文化は苫小牧の「味の大王」発祥、次いで室蘭説が有力。豚骨ベースの白湯スープと十数種類の香辛料や果物を練りこんだカレーペーストを混ぜ合わせる。濃厚なスープに絡むよう中太縮れ麺を使用。主なトッピングはもやし、ねぎ、ワカメ、チャーシュー。現在は町おこしの一環として、各ラーメン店もカレーラーメンをメニューに取り入れている。カツカレー、北寄、ホタテ、じゃがピロシキなどオリジナルのトッピングを乗せるところも多数。

 

【成り立ち】

1965年(昭和40年)苫小牧市大町にて、「味の大王」創業者、高橋一郎氏が食堂を創業、当時は札幌みそラーメンが大ブーム。店の看板メニューを模索し、人気のあるカレーライスとラーメンを一つの味にする「カレーラーメン」を考案した。しかし客には受けず、経営難により廃業。その後1967年(昭和42年)、岩見沢へ移住し、ラーメン専門店「味の大王」を創業する。岩見沢で高橋一郎氏のラーメンを食べた小柳弘氏が弟子入りし、後の1972年(昭和47年)、室蘭市輪西町にて「味の大王」を創業した。一方、高橋氏は岩見沢時代を経て、1971年(昭和46年)苫小牧市錦町に店舗移転。苫小牧に多く在る工場の従業員から絶大な支持を受けることになる。なお、苫小牧の「味の大王 総本店」と室蘭の「味の大王 室蘭本店」は別会社である。

また、2000年(平成12年)の札幌で大ブームになったスープカレーを基にラーメンを提供する店も登場。よりスパイスが効いたカレーラーメンを提供するラーメン店も増えている。スパイスラーメンと呼ばれることが多い。

 

【苫小牧カレーラーメンの活動】

北海道を代表する貿易港をもつ苫小牧市はビジネス客が頻繁に訪れるが、より観光客を誘致するため「とまこまいカレーラーメン振興局」を設立、カレーラーメンのPRに勤める。2013年以来、カレーラーメンマップを作製。2020年4月発行で第8弾となる。カレーラーメンをメニューに取り入れる飲食店は現在50店を超え、B級グルメとしてブランド化している。2018年(平成30年)には、神奈川県で開催の「よこすかカレーフェスティバル」グランプリに輝いた。

 

【室蘭カレーラーメンの活動】

室蘭カレーラーメンの火付け役として、元モーニング娘の安倍なつみが挙げられる。室蘭出身でカレーラーメンのファンであることをラジオで紹介。全国的にカレーラーメンが知れ渡ることになる。室蘭市では、2005年に「室蘭カレーラーメンの会」が発足。情報発信を始める。食べ歩きマップの作製やイベントなどを積極的にPRし、カレーラーメンは日清食品やローソンなどとのタイアップもした。

 

(参考文献:
味の大王 総本店 http://curryramen.com/
とまこまいカレーラーメン振興局 http://tcrs.jp/list.php
室蘭の観光情報サイト おっと!むろらん
http://muro-kanko.com/eat-buy/curry_ramen.html
北海道新聞 2015年2月20日、2016年2月20日
日本経済新聞 2020年2月22日
読売新聞 2020年4月22日)

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。